この記事はリッこら(http://reallcolumn.ko-me.com)の過去投稿をサイト移転のため、リバイバル掲載したものです。
内容は掲載当時のものであるため若干の違和感があるかもしれません。
ご了承ください。

「かわいい」ってどういうことでしょうか。
顔がかわいい、服がかわいい、仕草がかわいい、いろいろな「かわいい」があると思います。
かわいいと言えば最初に浮かぶのは、やはり見た目のかわいらしさですよね。 「人は見かけによらない」なんて言葉がありますが、それでもやっぱり最初に飛び込んでくるのは視覚情報、見た目から始まるんじゃないでしょうか。「女は化ける」と言う 言葉もあるように、見た目から始まるからこそ外見で化かすんじゃないでしょうか。
男は案外単純で、かわいいこが近寄ってきたらそれだけでホイホイ釣られたり言うことを聞いたり。きわどい格好なんかしちゃってたら「おや、これは…」なんて。多少の失敗だって、その失敗をしたのがかわいいこだったらどこかで、許してあげようかな、なんていう気持ちも浮かぶんじゃないですか?私自身は、 小さくてちょこまか歩いてふわふわーな服を着て、目はぱっちり、頬がほんのり赤い。そんなこがいたらもう抱きつきたくなります。かわいいねって言いたくなります。
ずるいですね、かわいいって。ところでわたしは本当に 「かわいい」と思った相手にしか、「かわいい」と言わないことにしています。かわいいだなんて微塵も思っていないのに嘘をついてまでお世辞を言う必要はないですし、勘違いされても困ります。思ってもいないことを口にして勘違いさせる方も悪いです。最後に もう一度言いますが、「かわいい」ってどういうことでしょうか。
簡単に使っていい言葉じゃないと考えています。

あ、あのこかわいい。

(土屋緋菜子)