この記事はリッこら(http://reallcolumn.ko-me.com)の過去投稿をサイト移転のため、リバイバル掲載したものです。
内容は掲載当時のものであるため若干の違和感があるかもしれません。
ご了承ください。

こんにちは。Re:ALL一年の栗山です。早くも文キャンの空気にも慣れ、とても充実した毎日でございます。
 さて、突然ですが皆さん…旅に出ませんか?この質問をしたら、おそらく殆どの大学生が「講義あるし時間ねえよ…」というような感想を抱くでしょう。当然ですよね。例外もあるとはいえ、一泊二日の旅ですら最低でも一日分の授業を全て切ることを覚悟しなければなりません。しかも一泊二日では自分のやりたいことも満足にできない場合が多いため、実際にはもっと多くの日程を確保する必要があります。それならば夏休みまで待てばいいじゃないか、と思う方も多いでしょう。しかし旅に行きたい人はそんな長い時間待てないのです。すぐそこにある欲望、それを求めてしまうのは生物として自然なことです。だとすれば一体どうすればいいのか?現実の経験の代替となるもの、そう、物語です。物語の世界にダイブしようじゃありませんか。

―①古典文学編
  まずは古典文学の世界でオススメの物語を一つ。菅原孝標女の『更級日記』。日記とはいえ、平安時代とは生活、風習が全く異なる今の我々は、『更級日記』を物語とほとんど同じような感覚で読むことができます。『更級日記』は受領階級の父の任地国である、上総国から京に帰る道々、京に帰ってからの生活を、現在の自分が過去の自分を回想するという形で書かれる、日本古典史上屈指の名作です(と僕は思っています)。源氏物語に陶酔した少女時代、そんな少女時代の自分をひたすらに悔やむ現在の自分。そのような作者の内面が表れやすい構図もさることながら、一話一話の状況描写がとてもうまく、当時の雰囲気が文字を通して読者の心に響いてきます。
高校時代にほぼすべてを現代語訳で、加えて重要部分を古語で読んでいました。友達には「そんなの読んで何が楽しいの?」とよく言われたものです。しかし、この物語では、平安時代の空気に触れながら旅をしているかのような感覚を味わうことができます。
 個人的に気に入っている場面は多々あるのですが、特に情景描写にすぐれている場面を一つ選んでみました。

富士の山はこの国なり。わが生ひいでし国にては西面に見えし山なり。その山のさま、いと世に見えぬさまなり。さま異なる山の姿の、紺青をぬりたるやうなるに、雪の消ゆる世もなく積もりたれば、色濃き衣に、白きあこめ来たらむやうに見えて、山の頂の少したひらぎたるより、煙は立ちのぼる。夕暮れは日の燃え立つも見ゆ。

訳:(あの有名な)富士の山はこの国、駿河にある。私が成長した国(上総)からは西に見えた山である。その山の様子は、全く世間に類のないほど素晴らしい姿である。(他の山とは)異なった山の姿で、(まるで)紺青を塗ったようである上に、雪が消える時もなく積もっているので、(それはちょうど)濃い紺青色の衣の上に、白い衵を着たように見えて、山の頂の少し平らになった所から、煙は立ちあがっている。夕暮れには火が燃え上がるのも見える。
                       参考:新明解古典シリーズ6 桑原博史
注:衵とは衣の上に着る童女の普段着です。単のように重苦しいものではなく、子供でも動けるように比較的軽く作られています。
 僕は富士山を表現する文章で、ここまで鮮明に情景を想起させる文章をいまだかつて見たことがありません。当時(およそ十一世紀)の富士山は活火山だったのだ、という歴史的事実の確認もさることながら、衣と衵の比喩によってまるで富士山を女性のように見立てているのです。その芸術的なセンスに驚くばかりですね。
  このほかにも、『更級日記』に収録されている話からは著者の作り出す多彩な風景や当時の風習、信仰、悩み、そして、“千年の時を越えても変わらないもの、逆に一変してしまったもの”など様々な事柄を知ることができます。少し変わった平安時代への旅へ、皆さんも一緒に行こうではありませんか!