この記事はリッこら(http://reallcolumn.ko-me.com)の過去投稿をサイト移転のため、リバイバル掲載したものです。
内容は掲載当時(2013年)のものであるため若干の違和感があるかもしれません。
ご了承ください。

 

どうもRe:ALL新一年の先山です。編集局に入らせていただいたのでコラムを書かせていただくことになりました。

 さてさて何について書きましょう。さっきから少し書いては、内容が気に食わずに消すということを延々と繰り返しています。ああ、こんなことで「書く仕事」なんて勤まるのでしょうか。考えてみると昔から「隠し事」は得意ではなかったのです。親譲りの嘘がつけない性格で、子供の頃から損ばかりしていたのです。嘘がつけない純粋な性格だという訳ではありません。単純に頭が悪いのです。誰にどんな嘘をついたかなんて、いちいち覚えてられないのです。ついでに言うと、頭が悪いので一度に二つの事も出来ないのです。ギターもストローク奏法しかできませんし、ピアノも右手でメロディラインしか弾けません。右手で三角形を描いて左手で四角形を描くやつもできませんし、ドイツ語の試験の勉強しながらコラムを書くこともできません。

 そうなのです。実はドイツ語の中間試験前なのです。これについてはコラムを締め切りギリギリまで放っておいた自分がいけないんです。コラムを書くことはずっと前から分かっていたんです。でもまあRe:ALLですし。リアルを手に入れたいですし。ギリギリでいつも生きていたいですし。

 いやいやいや、すみません。ちゃんと締め切りに間に合わせます。このままだと徹夜です。それだけは避けたいです。まあドイツ語の勉強なんて楽勝だね~。もう余裕すぎるのでコラムに専念しますね~……とか、普段からちゃんと勉強していたなら言えたのでしょう。ああ、言ってみたかったです。死ぬまでに一度くらい。もっとちゃんと勉強しておけば良かった……でも、ちゃんとドイツ語の勉強のためにエヴァも見たんですよ。肝心のドイツ語はというと、それはそれは一瞬しか出てきませんでした。そして何よりエヴァに費やした時間すべてを1講義30分のオンデマンド講義の視聴に費やしていたなら、今頃にはもうとっくに必修分が終わっていました。時間の使い方が下手ですね。でも今回はなんとかしないと。そうだ!コラムでドイツ語の勉強をしたら一石二鳥じゃないですか!すごい!そうしましょう!

 まずは会話の基礎である返事の勉強から。「ja(ヤー)」の意味は「はい」、「nein(ナイン)」の意味は「いいえ」、「jein(ヤイン)」の意味は「どっちでもない」。そうです。実はドイツ語には「ja」でも「nein」でもない中間の「jein」が口語としてあったりするのです。NOと言えない日本人にはありがたいですね。スウェーデン語にも「ja(ヤー)」と「nej(ネイ)」の中間の「nja(ニャー)」があります。質問した時の答えが「ニャー」だったら笑ってしまいますね(笑)。ん?ちょっと待った。スウェーデン語の話なんてしている場合じゃないんですよ。それに、そもそも返事なんてテストに出てこないんでした。

 ではテストに出てくるものを、動詞の現在形の勉強をしましょう。まずbe動詞にあたる基本のsein動詞から。「ich(私)」に「sein」が付くと「ich bin」。そうそう「ich bin」といえば「Ich bin ein Berliner」というケネディ大統領のベルリン演説の締めの言葉で有名ですね。でも普通に「私はベルリン市民だ」と言いたいのなら「Ich bin Berliner」でよかったのだそうです。「ein Berliner」と言ってしまったせいで、ベルリン市民というよりは、揚げパン菓子「Berliner (Berliner Pfannkuchen)」という意味にとれるようになってしまったそうです。アメリカ大統領が演説の最後に揚げパン宣言なんてしたら笑ってしまいますね(笑)。ん?ちょっと待った。だからパンの話なんてしている場合じゃないんですよ。さっきからまったく勉強になりません。どうしましょう。パン?そうだ、暗記パンでドイツ語の勉強をしたら楽勝じゃないですか!すごい!そうしましょう!

aee23c6d

 モグモグ――夜食じゃないですよ。ドイツ語の勉強です!――ゴックン。ふう、なんとか間に合いました。徹夜回避!これでぐっすり眠れます。

 と思いきや、あれ?外がほんのり明るい。うわ、もう早朝?今からではそんなに眠れましぇん。これではほとんど徹夜じゃないですか。ああ、やってしまいました。

 それに……どうやらさっきの「ドイツ語の勉強」は本当に夜食じゃなかったみたいです。

 朝飯前でした。

(先山 周)