サイトリニューアル後記念すべき初リッこら投稿!!!!!! なのにタイトルからしてどうしてこんなクソつまらない記事になってしまったのでしょうか。それはワタクシWebDがつまらない人間だからです、どうも、文化構想学部表象・メディア論系の二女です。

 まず、サイトの更新等が遅れて本当に申し訳ありませんでした。サイトが本当にきれいになりました。これは前WebDのおかげでありまして、私には技術が一切ありません。本当にごめんなさい。ありがとうございました。リッこら投稿しなきゃな~~~って思いつつ色々追われていて今更新している感じになっております。これからWeb局員に入ってくれた他の4人のとてもすごいフ●ッキン面白い記事が投稿されると思うのでどうぞお楽しみに。

 さてさて、本題に入りますが、最近の手帳業界すごくなッスか。L●FTとかでもうワンフロア使っちゃうんじゃないかってくらい手帳がズラーーーーって並んでいますよね。逆に手帳シーズン終わったら何置いてるんだろあそこ。すっごい気になる。

 img_5fcf739aac1dded05aee0e9826d56c6d109413でも、待って、スマホがこんなに発達している中、なんで手帳ってこんなに売れているのだろう? って思った事ありません? 実際に右の画像(ダイアモンドオンラインより引用)のデータでも紙の手帳メインで使っている人が多くて、かなりびっくりでした。

 ただ、私の周りほとんどの人スマホで予定管理しているし「手帳もし歩くの面倒臭い~」って人かなり多いと思います。多分大学生だったら時間割通りに授業があって、授業終わったらこの曜日にサークル、バイト……とある程度ルーティーンが決まった生活を送っているから手帳はスマホでいいやーってなってしまうのでしょう。しかし、おそらくビジネスやしゅうかt……ちょっと考えるのをやめよう。まあでも社会に出ていくのには必要不可欠なのではないでしょうか。入学式でもらったあのダッサい早稲田手帳が役立つ時が来ましたね。

 

 

まず、実は文房具店員(L●FTじゃないよ)の私が伝授する手帳に書かなくなる癖を改善した3つの方法を教えよう。

①確定した予定ではないけどとりあえず予定を書いちゃう

どう考えても行かないだろこのバンドのライブ!!!! ってやつも書いちゃう。絶対にフェス全通とかしないけどロッ●ンオンジャパンだとかカ●ントダウンジャパンの予定も書いちゃう。しまいには架空の友達を作ってごはん行く予定を書いちゃ……わないで下さい。とりあえず書く事によって手帳を持ち歩いて書くという癖を付けましょう。実際に少し苦手な演習の先輩にご飯に誘われて予定がいっぱい書かれた手帳を見せびらかして「ああ~今週は空いてないですね~~」とか出来ちゃったりもしますから。うん。

②付箋・マスキングテープを使う

これめちゃくちゃ可愛くなりますよ。とりあえず三歩歩いたら忘れる性格なので手帳に全てを書き込む。だけど普通に書くのもつまらないからかわいい付箋とかマスキングテープに書いちゃう。

678162

こんな感じで手帳が爆発しそうなレベルで付箋を持ち歩いています。可愛いし使いたくなる。

③なんだったら授業用のノートと一緒にする

これめちゃくちゃ最強ですね。ただ手帳忘れたら何もできない。

 本当は私の手帳全面公開~~! とかしたかったんですけど、さすがにインターネット上で載せるのはまずいかと思ってしませんでした。2017年用に買ったものはユナイテッドビーズの『A5パラレルタイプ』です。私からは詳しく説明はしませんが、こちらから中身全てを確認できます。私はあの有名なほぼ日手帳のカバーをこの間買った(高かった……)ので、リフィルのみを買いましたがリフィルは1080円。まあまあ安くない?? とてもオススメです。4月スタートのもあるので是非。

 「やっぱり紙の手帳が一番! 」みたいなインターネットの記事、検索かければ山ほど出てきますが、まとめると「すぐに開けて書けるから」「電話をしながらメモを取れる」「無くす心配性がない」「全体が見渡せる」などの理由があげられていました。

 逆にスマホアプリ派はというと、「持ち運びがしやすい」「字が汚いからスマホで打った方がすっきり見える」「共有できる」などはまあまだ納得がいきますが、断然紙手帳派の私にとって「紙手帳だと通知来ないから忘れる」と理由はちょっと奥さん。さすがに機械に頼りすぎじゃないですかね。なかなか私たちとデジタル社会の関係性を考えさせるものだと思います。

 デジタル社会になった今でも手帳が使われてるのは、どこかしらで紙の温かさ、需要というのがまだあるという事を示していると思います。これは私たちRe:ALLがなぜ他ならぬフリーペーパーという媒体で情報発信をしているか?という事にも繋がってくる事だと思うんです。まあ、こんな事WebDが言ってても説得力があまりありませんが、「紙」ともう一度向き合ってみてはいかがでしょうか。

(なまず)